ホーム > こどものスポーツ障害

こどものスポーツ障害

こどものスポーツ障害
成長期の体にはその時期に適切なスポーツ指導の必要があります。
お子様にスポーツ好きになって欲しいお母様の方、部活に励む学生の方などはお気軽にご相談下さい。

成長期のスポーツの意義

成長期のスポーツの意義

おとなと子どもでは同じ運動をしても痛める部位がかなり違うことがあります。

とくに小学4年生から6年生ぐらいまでの子どもは、ゴールデンエイジと呼ばれ、身体の成長や脳細胞、脳神経、運動の伝達神経の発達がもっとも活発な時期です。この時期はとくに、筋トレなどよりも競技そのものを楽しむことが大切。
楽しさを覚えることが自然に技術を習得することにも繋がるでしょう。

この時期がゴールデンエイジと呼ばれるのは、覚えたことが将来の成績や技術の伸び方も大きくかかわってくるからでもあるのです。

成長期のスポーツで気をつけること

子どもは筋肉と骨がまだ成長していないため、慢性的に同じ運動をさせすぎると、のちのち身体にトラブルが起こってくるので、そのような運動のしかたは避けること。
また、脱水症が起きやすいので、夏はもちろん、冬でも水分補給をしっかりさせてあげましょう。

成長期の子どもに起きやすいスポーツ障害として代表的なのが、オスグッドシュラッター病です。

10~15歳ごろに積極的なスポーツ活動をすることにより、膝の前面(脛骨粗面)に腫れや痛みを起こす、骨端症の一種です。

活発に運動している男子に多く、種目ではサッカーで多く見られます。非常に難治性で治癒までに数年を要する場合もあります。


治療法としては、通常は患部を冷やしたり、ストレッチやマッサージを行います。また、テーピングによる運動制限、電気治療、ときには注射などをすることもありますが、症状が劇的に改善されるケースはあまりないのが現状です。
これまで多くの診療経験から、サッカーではねんざ、野球では肩関節インピンチメントや野球肘などが子どもに起きやすいようです。

当院で出来るサポート

また、年齢に関係なくスポーツをする人全体にいえることですが、部活でハードに運動をする中高生はとくに、怪我の予防のためにも準備運動、つまり筋肉や関節のウォーミングアップをしっかりやることが重要です。

当院では、身体づくりのプロフェッショナルとして、顧問の先生ではカバーしきれない医療的、運動生理学的なアドバイスや、効果的なトレーニング方法、自分でできるストレッチの方法などもお伝えすることができます。
受付時間は19時までなので、部活の後でもお立ち寄りいただけます。ぜひ気軽に相談にいらしてください。
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒154-0023
東京都世田谷区若林4-27-14サンライズ若林1階

■診療時間
月~金10:00 ~12:00 / 15:00~19:00
土 10:00 ~12:00

■定休日
日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら
Paseon