競技別

2013年8月20日 火曜日

野球肩・・・・スポーツマッサージ専門 つづき整骨院

今日、患者さんとお話しているのかで、かなり野球肩で悩まれている方が多いそうです。
なのでちょっと野球肩について書く事します。
まず野球肩とは何か?
大人の野球肩ですと
インピンジメント症候群、肩峰下滑液包炎、棘下筋棘上筋委縮、棘上筋棘下筋腱炎、二頭筋長頭腱炎、関節唇損傷、などを単独または複合損傷を言います。
子供の野球肩は
リトルリーガー肩(上腕骨骨端線障害)の事を言います。

なぜ起きるか?
多くはオーバーユース(使いすぎ)によるものが多く有ります。
その他はフォームによる過度の負担、筋バランスの悪さが考えられます。
そして多くは投球動作のコッキング期に起こると言われています。

症状の変化
初めは投げる際に違和感が感じるぐらいでちょっと変な感じがするが、投げていると違和感が無くなります。
そして肩を回した時や投げる動作の時にゴリって感じのひっかりを感じたりするが、ストレッチなどを行うと違和感が無くなるような感じです。
この時にアイシングやインナーマッスルトレーニング、肩関節周囲のストレッチを入念に行う。
それで徐々に違和感が改善してと思われます。

その後は投げはじめに痛みがでるが、肩が暖まってくると痛みが無くなり普通に投げる事が出来る。
そして徐々に投げ終わった後に違和感や軽い痛みを感じる様になる。
この時は投球を1週間~2週間は中止してインナーマッスルトレーングやゆっくり可動域を広げて行くストレッチを行います。
それからゆっくりと痛みの無い範囲で投球練習を行います。


そしてボールと投げる時以外でも肩に違和感や痛みが有り、投球動作をすると痛みが強くなり徐々に強く投げれなって来ます。
この時は完全に投球動作を中止し、専門的に診て貰う必要があると思います。
この症状ですと長期の治療も必要となり、このまま放置して投球続けると完治させるに最悪オペの可能性も出来てます。



三軒茶屋 整骨院 スポーツ整体 専門
むち打ち治療専門 つづき整骨院

投稿者 つづき整骨院 | 記事URL

2013年8月14日 水曜日

マラソン、トレイルランニングにおける腸脛靱帯炎(ランナー膝)・・・・スポーツ整体専門 つづき整骨院

太ももの外側にある腸脛靱帯に炎症が起きます。
下り坂や階段などで膝を曲げた際に、膝の外側に少し上辺りに痛みが出ます。
初めは痛みがすぐに消えるのですが、段々と痛みが酷くなり徐々に慢性化して行きます。

原因
オーバーユース、ストレッチ不足による柔軟性の低下、シューズのクッション性が低下もしくは無いものを履いている、固いロードを走る過ぎているなど考えられます。

まずは練習の中止を行って、アイシング、ストレッチを大腿部と膝周囲を行ってください、それでも痛みが続く様ならご相談ください。慢性化すると治療が長期化します。

三軒茶屋 整骨院 スポーツ整体 専門
むち打ち治療専門 つづき整骨院

投稿者 つづき整骨院 | 記事URL

2013年8月 9日 金曜日

柔道における膝内側側副靭帯(MCL)損傷・・・スポーツマッサージ専門 つづき整骨院

膝の靭帯損傷では最も多く、膝の外側から外力を掛けれる事で多くが起こります。
膝の内側の大腿骨付着部に圧痛、腫脹を認め、膝を外側に反らすと激痛を訴えます。
靭帯の損傷の具合によりⅠ度Ⅱ度Ⅲ度に分類されます。
Ⅰ度 靭帯一部が損傷し、膝の曲げ伸ばし違和感を感じ軽度の圧痛がある状態。
Ⅱ度 靭帯の多くが断裂し、膝の曲げ伸ばしに不安定感あるまたは痛みで出来ない、圧痛と疼痛が酷い
Ⅲ度 靭帯が完全に断裂している。 膝の曲げ伸ばしが汚わい、時々膝が内側に崩れる感じがする。
などの症状があります。

原因
大腿部の筋力の低下 股関節、膝関節の柔軟性の低下などがあると起こりやすいですが、強い外力で膝が外側から内側に押し込まれると発生します。

Ⅰ度の場合はRIEC処置を行い痛み収まらないようでしたご相談ください。
Ⅱ、Ⅲ度の場合はRIEC処置を行い出来るだけ早く、専門的に診察が必要です。オペの必要性も考えられます。


三軒茶屋 整骨院 スポーツ整体 専門
むち打ち治療専門 つづき整骨院

投稿者 つづき整骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒154-0023
東京都世田谷区若林4-27-14サンライズ若林1階

■診療時間
月~金10:00 ~12:00 / 15:00~19:00
土 10:00 ~12:00

■定休日
日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら
Paseon